くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

VLOOKUPのエラーを消す

IFERROR関数を利用することで回避ができる
=IFERROR(VLOOKUP(A1,B:C,2,FALSE),””)
B~Cの範囲でA1を探し、エラーであれば空白を返すとなる

技術

タグ:

技術の最新記事

2020年5月21日
Git既存のリポジトリから新規リポジトリを複製したい
2020年4月9日
Excelで1月後の日付を出す
2020年4月9日
VLOOKUPのエラーを消す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。