WordPress

スポンサーリンク
WEB開発

WordPressのDBポート設定方法

WordpressのDBサーバーのポートが3306ではない場合、ポート番号を指定してあげる必要がある。 define( 'DB_HOST', 'mysql.xxx.com:3307' ); wp-config.phpのDBホス...
WEB開発

カスタムフィールドを数値順で並べたい

$args = array( 'post_type' => 'product', 'orderby' => 'meta_value_num', 'meta_key' => 'price', ); $query = new WP...
WEB開発

WordPressで現在時刻を利用すると9時間ずれてしまう問題

通常の方法の関数では、ずれてしまうので専用のWordPress関数を使うdate_i18n('Y-m-d H:i:s');を利用する 参考
WEB開発

MW WP Formの自動返信メールに送信日時を設置

function send_date_time( $value, $key, $insert_contact_data_id ) { if ( $key === 'send_datetime' ) { return...
WEB開発

MW WP Formでフォーム内容を修正する

例えば、MW WP Formを使って投稿内容をプログラムで処理をしたいときがある。そういうときはfunction.phpで設定が可能 function my_mwform_post_content( $content, $Data ...
WEB開発

MW WP Formで投稿情報を利用する

プラグインのフォーム設定で作成時に右にある「URL引数を有効にする」をチェックすることで、URLの最後にpost_idを入れることで投稿情報を引っ張ってくることができる 例: これを利用することで投稿のデータをメールに追加する...
WEB開発

Advanced Custom Fieldsの投稿オブジェクトが便利

Advanced Custom Fieldsの投稿オブジェクトを利用すると、別の投稿タイプで投稿した情報を引っ張ってくることができる。これを利用すると何ができるかというと、一つの投稿に対し、関連付けたい投稿を呼び出すことができる。 ...
WEB開発

mwformプラグインで宛先を変更する

wordpressのmwformプラグインでカスタムフィールドの入力によって宛先や内容を変更するカスタマイズです。function.phpにコードを追加するだけでOKです /* entryform change mailsender ...
WEB開発

ワードプレスを再インストール

引越しなどで何らかの不具合でバグってしまった際、データをインストールし直す事で改善することがある。何らかのファイルが欠損している場合はこれで直るはず。 壊れてしまったデータをバックアップ。公式よりデータをダウンロードして展開。バージ...
WEB開発

特定ページにjsファイルを呼び出す

wordpressの特定ページにjavascriptファイルを呼び出す記述function.phpへ記述する function blank_header_scripts() { global $post; if ($...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました