くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

rel=”noopener”って何?

Wordpressで別窓で開く際につけられる謎のrel=”noopener”

これは何だろう?
早速検索してみるとGoogleさんの説明ページがあった。
サイトで rel=”noopener” を使用して外部アンカーを開く

調べた要点をまとめる
これを付与することにより、外部リンクを開いた際に、開いた元のサイトと別プロセスで動くため、
開いた元のサイトの負荷が高くても、元のサイトには影響されない。
また、同じプロセスの場合、元のサイトのブラウザの操作ができるため、別プロセスにすることでこう言った操作を受け付けないようにできる。

つまり、外部で悪意のある動作をされたとしても、別プロセスで開くため、自分のサイトを悪いことに使われたりしないという、セキュリティ対策の一つのようだ。

仕組みとしては、rel=”noopener”を付けると別プロセスとしてページが表示されるって感じなのかな。

WEB開発

タグ:

WEB開発の最新記事

2020年7月13日
印刷時改ページをする
2020年7月10日
PHPのJsを外部ドメインより呼び出す
2020年7月10日
ブラウザにキャッシュさせない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。