くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

PHP7.2のcount関数の変更点

Warning (2): count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable

PHP5.6などでphp7.2にバージョンアップを行うとcount関数がWarningを出すことがある。
これは仕様が変わって、countの引数は配列、オブジェクトではないといけなくなったからだ。
よくある想定としては、falseやnullをこれまでは0とカウントしてくれていたものが、エラーを吐くようになったという感じ。

配列やオブジェクトか判別をさせる、またはNULLやFALSEでif文を書いてあげれば回避ができる。

if(!$data){
$count = 0;
}else{
$count = count($data);
}

このようにすればNULやFALSEのときは0になり、それ以外はcountを利用して数を出すことができる

https://qiita.com/masaki-ogawa/items/1671d110b2286ececd09

WEB開発

タグ:

WEB開発の最新記事

2020年7月13日
印刷時改ページをする
2020年7月10日
PHPのJsを外部ドメインより呼び出す
2020年7月10日
ブラウザにキャッシュさせない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。