くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

MW WP Formで投稿情報を利用する

プラグインのフォーム設定で作成時に右にある「URL引数を有効にする」をチェックすることで、URLの最後にpost_idを入れることで投稿情報を引っ張ってくることができる

例:http://example.com?post_id=123

これを利用することで投稿のデータをメールに追加することができる

https://securavita.net/mw-wp-form-post-data/

WEB開発

タグ:

WEB開発の最新記事

2020年7月13日
印刷時改ページをする
2020年7月10日
PHPのJsを外部ドメインより呼び出す
2020年7月10日
ブラウザにキャッシュさせない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。