くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

LinuxOSでWindowsの共有ファイルをマウントする

SAMBAやWindowsの共有ファイルをマウントしたいときは、cifsを利用する
cifs-utilsをインストールしてmountコマンドでcisfオプションを利用できるようにする。

マウントする際のコマンドは以下のような感じで

sudo mount -t cifs //192.168.0.1/foldername /home/user/mnt -o user=username,password=password,uid=1000,gid=1000,dir_mode=0777,file_mode=0777,vers=3.1.1

//192.168.0.1の部分は接続したいローカルIPを指定
/home/user/mntの部分はマウント先を指定

あとは必要であれば指定する部分
user=username,password=password ここでパスワードが必要なら指定する

uid=1000,gid=1000 書き込みができない場合、アカウントや所属グループの問題かもしれないのでこれでログインするユーザー、グループを指定できる

file_mode=0777 これも権限系。必要に応じて
vers=3.1.1 バージョンらしい。できるだけ高いのを指定して、動くものを選ぶ。読み込み速度が違うらしい。

常に起動した際にマウントする方法
/etc/fstabに先程のコマンドを少しいじって記述をする

//192.168.0.1/foldername /home/user/mnt cifs user=username,password=password,uid=1000,gid=1000,dir_mode=0777,file_mode=0777,vers=3.1.1,x-systemd.automount 0 0

このようにすると、起動時に自動的にマウントしてくれる
起動時にマウントせずに、起動後にマウントフォルダを開いたときに自動的にマウントをしてほしいときは後ろ部分をいかに変えるとよい。
noauto,x-systemd.automount,x-systemd.device-timeout=1,_netdev 0 0

参考URL
https://qiita.com/You_name_is_YU/items/85ffbffee744f6f494ed
https://kazmax.zpp.jp/linux_beginner/mount_hdd.html
https://qiita.com/kihoair/items/03635447591358210772
https://qiita.com/kakinaguru_zo/items/af0122f79af0aa0913b7
http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.5/htmldocs/manpages-3/mount.cifs.8.html
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Fstab

PC

タグ:

PCの最新記事

2020年6月30日
Googlechromeデベロッパツールでcookieを削除
2020年4月30日
GmailのSMTP接続アカウントでメール送信できない
2020年4月28日
Office 365 の共有メールボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。