くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

dockerでApacheで自己証明書

とりあえずhttpsで見えるようにする方法
警告は出ます。

コマンドが打てる環境で以下コマンドを打ってファイルを作成する

$ openssl genrsa 2048 > server.key
$ openssl req -new -key server.key > server.csr
$ openssl x509 -days 3650 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt

Dockerfileに以下記述を追加する
RUN a2enmod ssl
これでApacheのSSLmoduleが利用可能になる。

docker-composeファイルのApacheコンテナに以下volumesの記述を追加。
先ほど作ったファイルの場所に合わせる。場所はどこでも良い

volumes:
  - ./docker/ssl:/etc/ssl/private

この辺りのconfファイルにSSLの記述を追加させる
/etc/apache2/sites-available/000-default.conf
SSLCertificateFileとSSLCertificateKeyFileを書いてやることで認証が通る。

<VirtualHost *:443>
    <Directory /var/www/html>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
    ServerAdmin [email protected]
    DocumentRoot /var/www/html
    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

SSLCertificateFile /etc/ssl/private/server.crt
SSLCertificateKeyFile /etc/ssl/private/server.key  
</VirtualHost>

参考
https://ozuma.hatenablog.jp/entry/20130511/1368284304

サーバー開発

タグ:

サーバー開発の最新記事

2020年8月24日
さくらサーバー移管後DNSゾーンは変更できない
2020年7月13日
NginxにSERVER_NAMEがない
2020年6月18日
NginxにREDIRECT_URLを追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。