くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

CloudFlareで応答速度をUP

PageSpeed Insightsで、高得点を取るための裏ワザと言ったところ。
CloudFlareを利用することで、サーバー速度問題はだいたい解消可能です。
そこで、CloudFlareサービスで、キャッシュ機能を利用します。

これを利用すると静的コンテンツはクラウドフレアサーバーでキャッシュされ、自サイトのサーバーに負荷はかかりません。
また、データの圧縮と言った機能も備わっています。

Rocket Loader機能は利用しないほうがいいでしょう。
この機能は非同期的にjavascriptをロードする機能とあります。
javascriptには前提条件で先に呼び出さないとならないものも存在するため、こういった機能に頼るべきではありません。
非同期的に呼び出したいのであれば、自分でちゃんと、非同期で呼び出す設定にすべきです。
無駄なjavascriptを呼び出す必要なんてちゃんと自分でコードを組んでいればそんな必要はないのです。

参考
WordPress+CloudFlareに3つのルールで劇速に(CloudFlareプラグインの使い方)[追記あり]
CloudFlareのRocket Loaderが原因で突然Javascriptが動かなくなった

WEB開発

タグ:

WEB開発の最新記事

2020年7月13日
印刷時改ページをする
2020年7月10日
PHPのJsを外部ドメインより呼び出す
2020年7月10日
ブラウザにキャッシュさせない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。