くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

迷惑メールにはSPFレコード

SPFレコードはご存知でしょうか。
最近は迷惑メールが多くなりましたね。
メールアドレスを偽装したりとそういったことも容易になりました。
昔は携帯電話のサービスでメールアドレスを偽装して送れるなんてこともできました。
そのため、正しい場所から送られているか?という情報が必要になりました。

それを担うものがSPFレコードです。
これはTXTレコードに記述するレコードです。

最近はこれが設定されてないと迷惑メールに判定されてしまうことが多くなりました。
最悪の場合、迷惑メールにも入らずにサーバー側で悪意あるものとして削除されてしまうまであります。
もはやSPFレコードは必須といっても過言ではないです。

bashコマンドで次のように打ち込んでみましょう

dig txt example.com

IN TXT v=spf といったデータが出力されればそれにはspfレコードが設定されています。
ただし、正しく設定されていなければ意味はありません。
設定が間違ってされていると逆に迷惑メールにされるので、ちゃんと設定をしましょう。

例えば以下のような形。
v=spf1 +a +mx -all

これはAレコードに設定されているもの、MXレコードに設定されているものはOKで、
それ以外のサーバーからはメールが送られることはないといった記述です。

自分のメールアドレスを騙られることはできないという設定ですね。

サーバー開発

タグ:

サーバー開発の最新記事

2020年8月24日
さくらサーバー移管後DNSゾーンは変更できない
2020年7月13日
NginxにSERVER_NAMEがない
2020年6月18日
NginxにREDIRECT_URLを追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。