くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

ワードプレス独自テンプレートの作成

既存テンプレートはよくわからない機能が詰まってるし、
一度は自分でテンプレートを作ってみたいなどあるはず。
軽いサイトを作るにはいらないデータは不要だし、
自分で作ったほうが何をしているか理解できる。

/wp-content/themes/に適当な名前でフォルダを作成する。

作成したフォルダに以下ファイル作成

必須ファイル
style.css
index.php

style.cssの中身

/*
Theme Name: テーマの名前(必須)
Theme URL: テーマのサイトのURI
Description: テーマの説明
Author: 作者の名前
Version: テーマのバージョン
Tags: テーマの特徴を表すタグ(カンマ区切り/オプション)
License: テーマのライセンス
License URI: テーマのライセンスのURI
*/

テーマの名前だけでも良い。
ここに記述したものがテーマ画面に表示されるようになる。

index.phpにはwordpressのコードを記述して作成する

独自でテンプレートを作成した際にアップデートを促されることがある。
ネット上の同じ名前のテンプレートと間違えてアップデートをされてしまうことがあるので
function.phpを作成して以下記述を追加する

/*
** テーマファイルのアップデートを非通知にする
*/
remove_action( ‘load-update-core.php’, ‘wp_update_themes’ );
add_filter( ‘pre_site_transient_update_themes’, create_function( ‘$a’, “return null;” ) );

なおテーマを反映させないと意味がなく、他のテーマを利用しているとアップデートされてしまうことがあるので注意。

参考
WordPressのオリジナルテーマを3時間で作成する手順
WordPressテーマを自作する際のstyle.cssに記述するテーマ情報のテンプレート(子テーマ制作にも対応)
wordpressテーマ作成の記事一覧
テンプレート階層
《WordPress》WordPressのテーマファイルの更新通知をわずか2行で無効にする方法
WordPressの管理画面ログインURLの変更方法解説
インクルードタグ
WordPressでサイト作成する際に最低限必要なこと
WordPress:add_theme_support( ‘title-tag’ ); 使用時にタイトルからキャッチフレーズを削除したりセパレータを変更する方法
WordPress4.4以降でtitleタグをカスタマイズする方法
functions.phpでJSやCSSを一元管理する

WEB開発

タグ:

WEB開発の最新記事

2020年7月13日
印刷時改ページをする
2020年7月10日
PHPのJsを外部ドメインより呼び出す
2020年7月10日
ブラウザにキャッシュさせない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。