くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

ハイフンとアンダーバーを使い分けてみる

ファイル名やデータベース名を付ける際に用語の間にハイフン、アンダーバーどちらを使いますか?
実は、使い分けをすると快適な生活を送れたりします。

この二つの大きな違いは、表示されている文字をダブルクリックした際に、
そこで文字選択が途切れるか途切れないかの違いです。

ハイフンを入れた場合、ハイフンで文字選択が途切れます。
アンダーバーの場合、文字選択が途切れません。
この特性を利用すると、本当に区切りたい単語と、一緒に選択したい単語でうまく分けることができるので、
コピペ作業がはかどります。

よくあるのがハイフンで書いちゃってコピペしようとして一回で選択できなくてしぶしぶ選択しなおすこと。
これが改善されれば快適に作業できますね。

ちなみに
ハイフンでつなぐ方法をケバブケースというらしいです。
アンダーバーでつなぐのはスネークケース。
おまけに大文字でつなぐのはキャメルケースです。

うまく使いこなしていきたいところ。

PC

タグ:

PCの最新記事

2020年6月30日
Googlechromeデベロッパツールでcookieを削除
2020年4月30日
GmailのSMTP接続アカウントでメール送信できない
2020年4月28日
Office 365 の共有メールボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。