くりゅぴ!

サーバーやWEB問題解決のメモから生活お得情報まで。未分類のものは執筆中

ネイキッドドメインにCNAMEは使えない

ネイキッドドメインとは、wwwなどが頭につかない素の状態のドメインです。
サブドメインの反対です。

知らなかった。ネイキッドドメインにCNAMEが利用できないなんて。
DNSサーバーによっては、ネイキッドドメインにはCNAMEができないように設定されているみたいです。
CloudFlareはネイキッドドメインでもCNAMEが使えてしまいました。

RFCというやつではCNAMEはネイキッドドメインに使用することはできないみたいなことが書いてあるそうです。
CNAMEを設定すると、他のレコードが設定できないようです。
つまり、MXやNS、TXTなどの他レコードが共存できない。
CNAMEはサブドメインでしか使うべきではないんですね。
なのでCNAMEにアットマークや空白での設定が通常ではDNSサーバーではできないのですね。

この設定のせいでサイトの接続が不安定になっていた模様。
まだ調査段階ですけど安定するか試してみようと思います。

このことを考えるとwwwありとなしのサイトはあまり変わらないと思ってたんですが、
サーバー側を考えるとwwwありのサイトのほうが柔軟に対応できるのではと思いました。

ちなみに、CNAMEをネイキッドドメインに設定していたせいか、
このサイトが頻繁に見えなくなっているようで、10分間隔で12時間程で計測したところ
エラーが24回ほど出ていることが分かりました。

サーバー開発

タグ:

サーバー開発の最新記事

2020年8月24日
さくらサーバー移管後DNSゾーンは変更できない
2020年7月13日
NginxにSERVER_NAMEがない
2020年6月18日
NginxにREDIRECT_URLを追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。